海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.10.20
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。

2019年4月にタイ中央銀行(BOT)が、投機抑制のために住宅ローンの融資基準を厳格化したことで住宅販売が急減。デベロッパー各社は値引きなどで在庫の解消を進めているものの、今年6月末の段階で在庫住宅は29万3,319戸、総額は1兆3,200億バーツに積み上がっており、今後その数字はさらに拡大すると見ている。

主要デベロッパーが抱える在庫物件額は、オリジン・プロパティーが250億バーツ、セナ・デベロップメントが240億バーツ、ブルックサー・リアルエステートが180億バーツ、アナンダ・デベロップメントが170億バーツ、スパライが160億バーツ、サンシリが110億バーツなどとなっている。

また、在庫物件が多いのはバンコク首都圏鉄道「ブルーライン」の延伸区間と「パープルライン」の沿線。ブルーライン延伸区間ではコンドミニアムが3~4万戸、パープルライン沿線では8,000戸以上が売れ残っているという。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.04.26
21年3月の米新築住宅販売は20.7%増、中古在庫不足で14年半ぶり高水準

米商務省によると、2021年3月の米新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比20.7%増の102万1,000戸となり、2006年8月以来の高水準を記録した。 2月は寒波の影響で販売が落ち込んだものの、歴史的な低金利環境や、新型コロナウ...[記事全文]

2021.04.21
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年10月20日