海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.11.18
英インターコンチ系「ホテルインディゴ」、KLに23年開業へ

英ホテル運営大手のインターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)は16日、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)中心部に、高級ブティックホテル「ホテル・インディゴ・クアラルンプール・オン・ザ・パーク」を開業すると発表した。「ホテル・インディゴ」ブランドのホテルをマレーシアで展開するのは今回が初で、開業は2023年を予定している。

同ホテルの開業にあたって、IHGはマレーシアの不動産管理会社テクバンス・プロパティーズ・マネジメントと受託運営契約を締結。テクバンクスがKLタワーやKLフォレスト・エコパークが位置するブキナナスに保有するオフィスビル「Amバンク・グループ・リーダーシップ・センター」を、ホテルへと改装する。

客室数は180室で、施設にはレストランやカフェ、バー、プール、ジム、ファンクションルームなども設置。また、再生材の活用やソーラーパネルの設置、雨水利用など、環境に配慮した持続可能性のある造りを目指すとしている。さらに、インテリアとして地元の学生と協力して作られた落書き風の壁なども設置する考えだという。

IHGは、9月末時点で全世界にホテル・インディゴを126ヵ所展開しており、今後3~5年以内にさらに約100ヵ所の開業を計画している。東南アジアでは、タイのバンコク、プーケット、インドネシアのバリ島、シンガポールに続く5番目のホテルとなる。

「ホテル・インディゴ・クアラルンプール」のロビーイメージ
「ホテル・インディゴ・クアラルンプール」のロビーイメージ
(出所:IHG

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年11月18日