海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.13
サービスアパート大手アスコット、20年は過去最多の1.4万室を追加

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパートメント運営大手のアスコットは12日、2020年に世界で新たに71軒・客室1万4,200室を追加したことを発表した。これは2019年を超えて過去最多になるという。

大幅な客室増加の背景には、企業や学生向けに在宅勤務や学習の場所を提供する「ワーク・イン・レジデンス」、ゲストエクスペリエンスを向上させるために物件内のスペースで様々なサービスを提供する「スペース・アズ・サービス」など、新型コロナウイルスの流行を機に始めた新たなサービスが拡大したことがある。

アスコットのケビン・ゴーCEOによると、2020年はこれら新サービスが9,100万Sドル(約71億円)以上を生み出したという。

また、中国事業が堅調だったことも客室増加に寄与。アスコットの中国部門マネジングディレクター兼中国ビジネス開発部門代表のタン・ツーシャン氏は、「上海、深セン、広州、北京など中国の主要都市における宿泊施設の平均稼働率が90%を超えた」といい、中国の客室数は前年比で8割増加したという。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月13日