海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.01.12
タイ住宅大手APとサンシリ、20年の住宅引き渡し額が過去最高に

タイの住宅開発大手APタイランドとサンシリの2020年通年の住宅引き渡し額が、ともに過去最高となったことがわかった。

APタイランドのウィタカン最高企業戦略責任者によると、昨年の住宅引き渡し額は460億バーツ(約1,590億円)となり、目標としていた406億バーツを上回った。中でも、一戸建て住宅やタウンハウスなどの低層住宅が、39プロジェクト・418億バーツと伸びをけん引した。一方、コンドミニアムは1プロジェクト・32億バーツにとどまった。

また、サンシリの住宅引き渡し額は前年比45%増の450億バーツとなり、こちらも目標の430億バーツを上回った。ウタイ最高執行責任者(COO)によると、。分割払いの24ヵ月据え置きなどのプロモーションが奏功し、低層住宅が39%増の195億バーツ、コンドミニアムが50%増の255億バーツと共に大きく伸びたという。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.19 NEW
シンガポールの不動産投資、今後数四半期でコロナ前水準を回復へ

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルはこのほど、シンガポールの不動産販売は今後数四半期で、新型コロナウイルスが流行する以前の水準を回復するとの見通しを示した。 同社によると、厳格な感染拡大対策によってウイルスの封じ込めに成功し、昨年12月に経済...[記事全文]

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.15
21年3月のシンガポール中古住宅販売は2.2倍増、10年ぶり高水準

シンガポールの不動産ポータルサイト「SRX」によると、2021年3月における中古民間集合住宅(コンドミニアム、HDB)の販売戸数は、前年同月比2.2倍増の1,662戸(速報値)となり、2011年5月以来の高水準を記録した。 地域別では、郊外(OCR)が全体の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年01月12日