海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.03.05
フィリピンの超富裕層人口、2020~25年にかけて36%増加の見通し

英不動産サービス大手ナイト・フランクがこのほど公表した「ザ・ウェルス・レポート」の中で、フィリピンの超富裕層人口(投資可能資産額3,000万ドル以上)が、2020~2025年の5年間で35%増加し、658人になるとの予測を示した。また、富裕層人口(同100万ドル以上)も同期間に35%増の18,989人に拡大すると見ている。

その他、アジアの超富裕層人口は、2020~2025年にかけて39%増加し、16万1,878人と地域別で最大の伸びとなる見通し。また、富裕層人口も同46%増の1,522万1,529人となり、欧州に次ぐ伸びを示すと見ている。

なお、他の主要な東南アジア諸国における2020~2025年の超富裕層人口については、シンガポールが58%増の3,387人、タイが15%増の1,140人、インドネシアが67%増の1,125人、マレーシアが32%増の801人、ベトナムが31%増の511人と予測。

また、富裕層人口についてはシンガポールが58%増の38万7,836人、タイが16%増の3万6,330人、インドネシアが110%増の4万5,063人、マレーシアが36%増の2万2,354人、ベトナムが32%増の2万5,812人になると見込んでいる。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.15
21年1QのシンガポールGDPは0.2%増、5四半期ぶりプラス

シンガポール貿易産業省によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比で0.2%増となった。プラス成長となるのは、新型コロナウイルス流行前の2019年第4四半期(10~12月)以来、5四半期ぶりとなる。 シンガポールでは、昨年...[記事全文]

2021.04.14
21年1Qの比オフィス需要は22.5%増、IT・BPMセクターがけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のオフィス需要は前期比22.5%増の10万9,000㎡となった。 需要をけん引したのは、IT・BPM(ビジネス・プ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年03月05日