海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.05.12
21年1QのフィリピンGDPは4.2%減、感染高止まりで5期連続マイナス

フィリピン統計庁(PSA)によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比4.2%減となった。新型コロナウイルスの感染が高止まりし、厳格な外出・移動制限が継続される中、5四半期連続でのマイナス成長となったが、前期比では0.3%増と3四半期連続のプラス成長となっており、緩やかながら回復基調は続いている。

詳細を見ると、GDPの約7割を占める個人消費が4.8%減と、前期の7.3%減からは下げ幅が縮小したものの、引き続き低迷。コロナ禍で雇用情勢が悪化していることや、消費の下支えとなってきた海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金額が伸び悩んでいることが重しとなった。

また、企業の設備投資も13.8%減と、前期の24.5%減からは大幅に改善したものの、外出・移動制限が会社への出勤や工場の操業にも影響を与える中では、引き続き弱い動きとなっている。

国家経済開発庁(NEDA)のカール・ケンドリック・チュア長官は、年後半にワクチン接種が加速し、企業活動の再開が見込まれるほか、景気刺激策も経済成長に貢献することから、2021年通年の目標として政府が掲げる6.5~7.5%成長の実現は可能だとコメント。また、2022年のGDP成長率については、8~10%になるとの見通しを示している。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.16
21年のベトナムGDP成長率、10月から新常態移行なら3.5~4%に

ベトナムのグエン・チー・ズン計画投資相はこのほど、9月中に新型コロナウイルスの感染拡大を適切に抑制し、10月から感染対策と経済活動の両立を図る「ニューノーマル(新常態)」に移行できた場合、2021年通年のGDP成長率は前年比3.5~4%に達する可能性があるとの見方を示...[記事全文]

2021.09.15
比不動産大手ロビンソンズ、国内最大規模のREITを上場

フィリピンの不動産開発大手ロビンソンズ・ランド(RLC)の不動産投資信託(REIT)法人であるRLコマーシャルREIT(RCR)が14日、フィリピン証券取引所に上場した。調達額は235億3,000万ペソ(約518億円)に上り、国内REITとしては最大規模となる。 ...[記事全文]

2021.09.02
比不動産大手メガワールドがボラカイ島でカジノ開発、解禁方針受け

フィリピンの大手財閥アライアンス・グローバル・グループ(AGI)の創業者であるアンドリュー・タン氏はこのほど、人気リゾート地のボラカイ島でカジノ開発を進める考えを明らかにした。背景には、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が先月末に、新型コロナウイルス対応のための税収拡大策の一...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年05月12日