海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.05.13
21年の米住宅販売額、史上最高2.5兆ドル到達の見通し

米不動産テック企業レッドフィンは11日、2021年における同国の住宅販売額が、史上最高額の2兆5,300億ドル(約277兆円)に達するとの見通しを示した。

地域別では、南部の住宅販売額が1兆900億ドルで最大になる見通しで、以下、西部(6,963億ドル)、中西部(4,226億ドル)、北東部(3,228億ドル)と続くと見ている。

米住宅市場は新型コロナウイルスの流行が始まって以降も活況が続いており、レッドフィンによると2020年の米住宅販売額も前年比17%増の2兆1,500ドルと好調だったという。

こうした活況の背景には、米住宅ローン金利が歴史的な低水準にあることや、在宅勤務の普及で郊外の広い住宅への移住需要が急拡大したことがある。ただ、エリアごとに市況感は大きく異なっており、郊外物件が活況で価格も大きく上昇している一方、ニューヨークなどの都心部はコロナ禍で低調な取引となっている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.21 NEW
アメリカ、11月から外国人渡航者にワクチン接種を義務付けへ

アメリカ政府は20日、11月上旬から全ての外国人入国者に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けることを発表した。入国にあたっては、ワクチン接種が完了していることを証明する書類のほか、出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書の提出も必要になるが、入国後の自主隔離...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年05月13日