海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.05.18
21年1QのタイGDPは2.6%減、観光低迷で5期連続マイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のGDP成長率(速報値)は、前年同期比2.6%減だった。個人消費や公共投資はほぼコロナ前の水準を回復し、輸出も改善しているものの、新型コロナウイルスの影響で入国規制などが続く中、主要産業である観光関連産業が引き続き低迷していることが重しとなり、5四半期連続でのマイナス成長となった。

詳細を見ると、建設業が12.7%増、製造業が0.7%増、農業が1.9%増と底堅く推移。また、アメリカや中国の需要回復を受けて、輸出も2.3%増と改善した。一方、外国人旅行者がほぼゼロ(前年同期比99.7%減)となる中、観光業は63.5%減少。また、宿泊・飲食サービスが35%減、輸送・倉庫も17.7%減と落ち込んだ。

足元で新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあることから、NESDCは2021年通年のGDP成長率見通しを1.5~2.5%(従来見通しは2.5~3.5%)に下方修正。また、観光業への打撃は前年よりも深刻になると見ており、年間の外国人観光客は前年の320万人を大幅に下回る50万人程度にとどまると予測している。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
タイ政府、新たな富裕層向け長期ビザ制度を発表

タイの内閣はこのほど、海外からの投資の促進や専門スキルを持つ人材の誘致をを目的とした、新たな富裕層投資家・技術専門家向けの長期滞在ビザ制度を承認した。 現時点で明らかになっている情報によると、同ビザは最大10年間の長期ビザとなり、特典として「労働許可の付...[記事全文]

2021.09.16
21年のベトナムGDP成長率、10月から新常態移行なら3.5~4%に

ベトナムのグエン・チー・ズン計画投資相はこのほど、9月中に新型コロナウイルスの感染拡大を適切に抑制し、10月から感染対策と経済活動の両立を図る「ニューノーマル(新常態)」に移行できた場合、2021年通年のGDP成長率は前年比3.5~4%に達する可能性があるとの見方を示...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年05月18日