海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.05.19
21年4月の米住宅着工は9.5%減、旺盛な需要がサプライチェーンに影響

米商務省によると、2021年4月の米住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比9.5%減の156万9,000戸となった。歴史的な低水準にある住宅ローン金利や雇用情勢の改善を背景に、住宅需要は引き続き旺盛な状況にあるものの、木材などの建材価格が高騰していることで建設業者が着工を遅らせており、供給が滞っているという。

詳細を見ると、最大のシェアを占める一戸建て住宅の着工件数は、108万7,000戸と前月比で13.4%減少。一方で、建設許可が下りたものの着工されていない件数は、4月末時点で5%増の23万2,000戸と、1999年1月の統計開始以降で最高を記録しており、建設業者の着工先送りを裏付けるデータとなっている。

また、地域別では中西部が34,8%減の19万3,000戸、南部が11.5%減の80万4,000戸と大きく落ち込んだものの、西部は9%増の40万戸、北東部は6.2%増の17万2,000戸と増加した。

米不動産業界では、在庫ギャップ解消には毎月の住宅着工件数と完成件数が、150万~160万戸に達する必要があると見られているが、住宅完成件数は4.4%減の144万9,000戸にとどまっており、引き続き供給不足の状態が続く見通しとなっている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.21 NEW
アメリカ、11月から外国人渡航者にワクチン接種を義務付けへ

アメリカ政府は20日、11月上旬から全ての外国人入国者に対し、新型コロナウイルスのワクチン接種を義務付けることを発表した。入国にあたっては、ワクチン接種が完了していることを証明する書類のほか、出発前3日以内に受けた検査の陰性証明書の提出も必要になるが、入国後の自主隔離...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年05月19日