海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.06.04
タイ不動産開発シンハ、バンコク北部のオフィスビルを年内開業へ

タイの不動産開発会社シンハ・エステートはこのほど、バンコク北部のウィパワディー・ランシット通りで開発を進めている高級オフィスビル「S-OASIS(Sオアシス)」を、年内に開業するとの見通しを示した。

Sオアシスは、36億9,500万バーツ(約130億円)を投じて開発される35階建てのグレードA(最上級)のオフィスビルで、賃貸面積5万4,000㎡、商業スペース1,700㎡を誇る。また、駐車場の収容台数は870台となり、電気自動車(EV)の充電施設を備えられる。

完成後は、シンハ・エステートが運営する隣接オフィスビル「サンタワーズ・コンプレックス」と共に、バンコク北部最大のオフィス街「Sディストリクト」(合計賃貸面積は11万6,000㎡)を構成することになる。

バンコクの高級オフィスビル「Sオアシス」の外観イメージ
「Sオアシス」の外観イメージ
(出所:Singha Estate

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年06月04日