海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.01
21年のシンガポールGDP成長率は6%を上回る可能性、MAS見通し

シンガポール金融管理局(MAS、中央銀行に相当)のラビ・メノン長官は、年次報告書の発表に伴う記者会見で、2021年通年のGDP成長率が前年比で6%を上回る可能性があるとの見解を示した。

メノン氏は、今年上半期(1~6月)に主力の金融セクターが約6%成長するなど、シンガポール経済は力強い回復の道を歩んでいると説明。そのうえで、今年後半には世界経済の回復やワクチン接種の進展によって、より広い範囲で景気回復が進むと見込まれることから、通年のGDP成長率が「政府の予測レンジである4~6%の上限を上回る可能性がある」との見通しを示している。

今後、第2四半期(4~6月)のGDP成長率が明らかになった後、8月にも新たな経済予測を検討するという。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.16
21年8月のシンガポール民間住宅販売は3%減、鬼節で高額支出抑制

シンガポール都市再開発庁(URA)が発表した2021年8月の新築民間住宅販売戸数は、前年同月比3%減の1,215戸となった。6ヵ月ぶりの高水準を記録した7月と比べても、24%減と大きく落ち込んだ。 中華圏のお盆に相当する旧暦7月の「鬼節(中元節)」だったこと...[記事全文]

2021.09.16
21年のベトナムGDP成長率、10月から新常態移行なら3.5~4%に

ベトナムのグエン・チー・ズン計画投資相はこのほど、9月中に新型コロナウイルスの感染拡大を適切に抑制し、10月から感染対策と経済活動の両立を図る「ニューノーマル(新常態)」に移行できた場合、2021年通年のGDP成長率は前年比3.5~4%に達する可能性があるとの見方を示...[記事全文]

2021.08.17
7月のシンガポール民間住宅販売は6ヵ月ぶり高水準、郊外需要が堅調

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2021年7月の新築民間住宅販売は前月比82.2%増の1,589戸となり、6ヵ月ぶりの高水準を記録した。 地域別に見ると、全体の約3分の2は郊外または中央地域外(OCR)の物件の販売が占めた。中でも成約数が多かった...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月01日