海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.02
タイ住宅大手サンシリ、暗号通貨決済を導入

タイの住宅開発大手サンシリが、自社物件の購入代金などの支払い手段として、暗号通貨(仮想通貨)の受け入れを開始した。暗号通貨での不動産購入を実現することで、最新テクノロジーを積極的に活用している若い世代を取り込み、収益機会の拡大を図る狙いがある。

スレッタ・タビシン社長兼最高経営責任者(CEO)によると、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)ポータルサービスプロバイダーのXSpring Digital(Xスプリング・デジタル)との提携により、暗号通貨を住宅販売の決済手段として受け入れている。

また、タイの暗号通貨ブローカーであるBitazza(ビタッザ)を通じて、暗号通貨での共益費や管理費の支払いも受け付けているという。

現在、受け入れている暗号通貨は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、USDコイン(USDC)、テザー(USDT)の4銘柄となる。

なお、外国人による暗号通貨での不動産購入は、現在のところ政府が許可していないため受け付けていないものの、サンシリは許可が下り次第、外国人も対象に含める方針を示している。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月02日