海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.09
タイ不動産への外国人投資、コロナ収束後は流行前比で倍増予測

タイの住宅開発大手アナンダ・デベロップメントは6日、外国人によるタイ不動産への投資額が、新型コロナウイルスの感染収束後に、年1,000億バーツ(約3,360億円)に拡大するとの予測を示した。これはコロナ前と比べて2倍の水準に相当する。

新型コロナウイルスの流行で入国規制が敷かれる中、2020年の外国人によるタイのコンドミニアムの購入戸数は前年比35%減の8,285戸に落ち込んだが、アナンダは収束後に低迷の反動が一気に起きると見ている。

こうした見通しの背景には、新型コロナウイルスの流行が続く中でも、外国人によるタイ不動産への関心が継続していることがある。タイの不動産取引サイト「DDプロパティー」によると、コロナ禍での月間サイト訪問者は300万~350万人に上り、そのうち3割を中国人を中心とする外国人が占めているという。

なお、外国人による情報照会は、首都バンコクや南部プーケット、北部チェンマイ、東部パタヤ、中部ラヨーンの物件に関するものが多いとしている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月09日