海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.12
21年2Qの比オフィス需要は38%増、コロナ禍で最大の伸び

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツによると、2021年第2四半期(4~6月)のオフィススペース需要が、前期比38.5%増の16万9,000㎡となり、コロナ禍で最大の伸びを記録した。

全体の54.4%を占め最大の需要者となったのは、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界で、オフィススペース需要は2.6倍の9万2,000㎡となった。

大幅に伸びた背景について同社のデービッド・リーチウCEOは、新型コロナウイルスのワクチン接種計画がスタートしたことや、オンラインカジノ事業者(POGO)への課税制度を明確にする法案が可決されたことが、投資家センチメントの改善に繋がったと見ている。

また、2021年上半期(1~6月)のオフィススペース需要は29万1,000㎡となり、早くも2020年通年の75%に達したが、これについてリーチウ氏は「フィリピンが世界の占領者のレーダーに戻っていることは間違いない」と語っている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.07.29 NEW
比不動産大手ビスタランド、コロナ禍でも今年の住宅販売を楽観視

フィリピンの不動産開発大手ビスタ・ランド&ライフスケープス(VLL)は27日、新型コロナウイルスの流行が依然として続いているものの、今年の住宅販売は堅調に推移するとの楽観的な見通しを示した。 マヌエル・ビリヤル会長は、「在外フィリピン人出稼ぎ労働者(OF...[記事全文]

2021.07.27 NEW
21年6月の米新築住宅販売は6.6%減、14ヵ月ぶり低水準

米商務省によると、2021年6月の米新築住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比6.6%減少し、67万6,000戸と14ヵ月ぶりの低水準を記録した。地域別では中西部が5.7%増加した一方、北東部が27.9%減、南部が7.8%減、西部が5.1%減だった。 ...[記事全文]

2021.07.21
米ホテル大手マリオット、マレーシアで年内に3つのホテルを開業へ

米ホテル大手マリオット・インターナショナルはこのほど、2021年第4四半期(10~12月)にマレーシアで新たに3つのホテルを開業することを明らかにした。 首都クアラルンプール、ジョホール州デサル、ペナン州ローンパインの3地域で、中価格ブランドである「フェアフ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月12日