海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.07.12
21年2Qの比オフィス需要は38%増、コロナ禍で最大の伸び

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツによると、2021年第2四半期(4~6月)のオフィススペース需要が、前期比38.5%増の16万9,000㎡となり、コロナ禍で最大の伸びを記録した。

全体の54.4%を占め最大の需要者となったのは、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界で、オフィススペース需要は2.6倍の9万2,000㎡となった。

大幅に伸びた背景について同社のデービッド・リーチウCEOは、新型コロナウイルスのワクチン接種計画がスタートしたことや、オンラインカジノ事業者(POGO)への課税制度を明確にする法案が可決されたことが、投資家センチメントの改善に繋がったと見ている。

また、2021年上半期(1~6月)のオフィススペース需要は29万1,000㎡となり、早くも2020年通年の75%に達したが、これについてリーチウ氏は「フィリピンが世界の占領者のレーダーに戻っていることは間違いない」と語っている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年07月12日