海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.09.09
21年1Qのマレーシア住宅取引は4割減も、実需向け市場は堅調

シンガポールを拠点に東南アジアの大手不動産ポータルサイトを運営するプロパティーグルによると、2021年第1四半期(1~3月)の住宅取引件数は、新型コロナウイルスの流行の影響によって前年同期比で44.7%の減少となった。

ただ、住宅ローン金利が歴史的な低水準にあることや、政府が景気刺激策として住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」を期間限定で再導入したことから、実需向けの住宅市場は堅調であり、全体の61.2%を住宅初購入者による取引が占めた。

詳細を見ると、コロナ禍での在宅勤務の普及で通勤の必要性が薄れる中、郊外のテラスハウス(連棟式住宅)が人気を集めているといい、首都圏では販売件数の52.7%、ジョホール州では74.8%、ペナン州では39.9%を同タイプの物件となった。また、価格帯としては30万~50万リンギ(約795万~1,320万円)の物件が人気だという。

その他、首都圏では中古物件が選好される傾向が一段と強まっているといい、2021年第1四半期の住宅取引のうち、83.7%(19年第1四半期:74.7%)を中古物件が占めた。開発用地が限られ、新築物件の供給が減少する中、実需の購入者にとっては低予算で選択肢が多く、投資家にとっても好立地で賃貸需要の高い物件を購入しやすいことが背景にあると見ている。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年09月09日