海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.10.13
魅力的な海外直接投資先ランク、ベトナムが東南アで首位

英調査会社オックスフォード・エコノミクスはこのほど、アジア太平洋地域の国々を対象にまとめた、海外直接投資(FDI)の流入先としての魅力度ランキングにおいて、ベトナムが全体2位、東南アジア地域では1位に選出された。

中国の人件費の上昇や保護主義政策を背景に、企業がサプライチェーンの再構築を迫られる中、ベトナムは中国との地理的な近さや低い労働コスト、自由貿易協定への参画などにより、その恩恵を最も受けられる国のひとつだと評価されている。

同ランキングは、アジア太平洋の14ヵ国・地域を対象に、労働市場、インフラと物流の質、政治・ビジネス環境、市場規模と潜在性、輸出概況の5分野を評価したもの。全体の1位は中国で、3位以下にはマレーシア、インド、オーストラリア、インドネシア、韓国、香港、日本、ニュージーランドと続いている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.10.19 NEW
22年のベトナム昇給率は7.4%、米大手人材コンサルWTW予測

米大手人材コンサルティング会社ウィリス・タワーズ・ワトソン(WTW)がこのほど公表した、アジア太平洋地域(APAC)における企業の給与予算計画レポートによると、ベトナムの平均昇給率は7.4%(21年は7.0%)となり、主要な東南アジアの国では最大の伸びになるとの見通しを示...[記事全文]

2021.10.15
21年3QのシンガポールGDP成長率は6.5%、来年も堅調見込む

シンガポール貿易産業省によると、2021年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.5%増となった。新型コロナウイルスの影響により、前年同期に5.8%減と大きく落ち込んでいたため、反動で高い伸び率を記録した。 分野別に見ると、最大の...[記事全文]

2021.10.14
フィリピン、感染低リスク国のワクチン接種完了者は入国後隔離を免除へ

フィリピン政府は、新型コロナウイルスの「低リスク国(グリーン)」に分類されている国・地域から入国するワクチン接種済みの外国人について、14日から入国後の強制隔離措置を免除すると発表した。 具体的な条件としては、低リスクの国・地域からの入国であること以外に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年10月13日