海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.10.11
ハノイで「リッツカールトン・レジデンス」開発へ、23年末完成予定

ベトナムの不動産開発会社マステライズ・グループはこのほど、米ホテル運営大手マリオット・インターナショナルと提携し、ハノイ市で高級マンション「ザ・リッツ・カールトン・レジデンス」を開発することを発表した。

開発予定地は、ハノイ市ホアンキエム区中心部のハンバイ通りに位置し、ホアンキエム湖も徒歩圏内に収める。1ベッドルーム~3ベッドルームまで全104戸が提供され、完成は2023年第4四半期(10~12月)を予定している。

なお、同物件が完成すれば、アジア太平洋地域ではシンガポール、バンコク(タイ)、コロンボ(スリランカ)、クアラルンプール(マレーシア)に続く5番目の「ザ・リッツカールトン・レジデンス」となる。

ハノイ市のリッツ・カールトン・レジデンス開発イメージ
ハノイ市のリッツ・カールトン・レジデンス開発イメージ
(出所:MasteriseHomes

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.10.22 NEW
21年3Qのオアフ島高級住宅販売件数、前年比で2倍以上に

米大手不動産会社コールドウェルバンカー・リアルティによると、ハワイ州オアフ島における高級住宅(200万ドル超)の販売件数は、2021年第3四半期(7~9月)に前年同期比2.1倍の330件となった。 詳細を見ると、一戸建て住宅が前年同期比108%増、コンド...[記事全文]

2021.10.22 NEW
タイ中銀が住宅ローン規制を緩和、不動産市場を活性化へ

タイ中央銀行(BOT)は21日、新型コロナウイルスの流行による購買力の低下に苦しむ不動産セクターを後押しするため、住宅ローン規制を緩和し、市場の活性化を図る方針を明らかにした。 具体的には、不動産評価額に占める借入金の割合(LTV)を、従来の70~90%...[記事全文]

2021.10.20 NEW
21年9月の米住宅着工件数は1.6%減、供給制約で着工に遅れ

米商務省によると、2021年9月の米住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前年比1.6%減の155万5,000戸となり、今年4月以来の低水準となった。新型コロナウイルスの流行に端を発したサプライチェーンの混乱による建設資材の不足や労働者不足が、引き続き供給上の制約...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年10月11日