海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.05.12
マレーシア中銀が4年ぶりに利上げ、金融政策も正常化へ

マレーシア中央銀行は11日に開催した金融政策委員会で、政策金利を0.25ポイント引き上げ、2.00%とすることを決めた。利上げを行うのは2018年1月以来、4年4ヵ月ぶりとなる。

新型コロナウイルスの感染者が減少し、経済・社会活動がほぼコロナ前に戻る中、金融政策も正常化が必要だと判断した。また、世界的なインフレ懸念に対する予防的な対応や、欧米の利上げへの追随による通貨防衛といった狙いもある。

中銀は声明で、「コロナ禍の経済を支えるため、計1.25%の利下げをしてきたが、その必要性は薄まっている」と指摘。輸出の増加や雇用の改善によって、経済基盤はより強固なものとなっており、利上げの環境が整ったと説明した。また、景気への影響に配慮しながら、今後も段階的な利上げを進める考えを示している。

一方、2022年の平均インフレ率については、2.2~2.3%と予想。ウクライナとロシアの紛争の影響や、長期化するサプライチェーンの混乱などにより、引き続きインフレ圧力は強いものの、政府の物価管理政策と経済の余剰生産能力で一部抑制できると見ている。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.05.20 NEW
フィリピンが3年半ぶりの利上げを決定、インフレ圧力に対応

フィリピン中央銀行は19日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物リバースレポ金利を0.25ポイント引き上げ、2.25%とすることを決めた。利上げは2018年11月以来、3年半ぶりとなる。 ウクライナとロシアの紛争や最低賃金の引き上げを背景にイン...[記事全文]

2022.05.19
タイの総人口、2028年の6719万人をピークに減少の見通し

タイ政府はこのほど、タイの総人口が2028年の6,719万人をピークに減少に転じるとの見通しを示した。 また、2037年には総人口に占める60歳以上の割合が29.9%に高まる一方、0~14歳の割合は14.3%にまで低下すると予測。労働力需要は、2017年...[記事全文]

2022.05.18
米ハーシーがジョホール州に研究開発拠点を開設、米国外最大

「ハーシーズ」ブランドで知られる米チョコレート製造最大手のザ・ハーシー・カンパニーは13日、米国外では最大規模となる研究開発(R&D)拠点を、マレーシアのジョホール州に開設した。 インドおよびアジア太平洋地域・欧州・中東・アフリカ(AEMEA)地域事業を担当...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年05月12日