海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.05.13
22年1QのフィリピンGDP成長率は8.3%増、コロナ前水準を回復

フィリピン統計庁(PSA)によると、2022年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比8.3%増と、4四半期連続でプラスとなった。新型コロナウイルスの感染者数が減少し、移動・行動制限の大幅な緩和が進められた中、GDPの約7割を占める個人消費が大きく伸び、コロナ前水準を回復した。

詳細を見ると、けん引役となった個人消費は10.1%増となり、前期の7.5%増から一段と伸びが加速。「レストラン・ホテル」が20.4%増、「交通」が16.5%増、「教育」が10.9%増と2ケタ成長を記録した。規制緩和によって、それまで原則として認められていなかった子供連れでの商業施設の訪問なども可能となったことで、消費活動が活発化したと見られる。

この他、建設投資が13.2%増、設備投資が9.8%増と大きな伸びとなり、企業などの投資意欲の改善も示された。

なお、国家経済開発庁(NEDA)のカール・ケンドリック・チュア長官は、当面の優先事項はインフレであるとの認識を示したうえで、「国民への影響が大きい食品価格に対応していく」と説明した。

また、ベンジャミン・ジョクノ中央銀行総裁は、堅調なGDPの発表を受け、「供給側の圧力が需要に波及する重大なリスクが認められた場合、金融政策を調整する用意がある」との認識を示し、利上げの可能性に含みを持たせた。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.05.20 NEW
フィリピンが3年半ぶりの利上げを決定、インフレ圧力に対応

フィリピン中央銀行は19日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物リバースレポ金利を0.25ポイント引き上げ、2.25%とすることを決めた。利上げは2018年11月以来、3年半ぶりとなる。 ウクライナとロシアの紛争や最低賃金の引き上げを背景にイン...[記事全文]

2022.05.19
タイの総人口、2028年の6719万人をピークに減少の見通し

タイ政府はこのほど、タイの総人口が2028年の6,719万人をピークに減少に転じるとの見通しを示した。 また、2037年には総人口に占める60歳以上の割合が29.9%に高まる一方、0~14歳の割合は14.3%にまで低下すると予測。労働力需要は、2017年...[記事全文]

2022.05.18
22年1QのタイGDP成長率は2.2%増、東南ア主要国で最低

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2022年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比2.2%増となった。市場予想の2.1%は上回ったものの、東南アジアの主要6ヵ国(シンガポール、フィリピン、マレーシア、インドネシア、ベトナム)の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年05月13日