海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.05.18
米ハーシーがジョホール州に研究開発拠点を開設、米国外最大

「ハーシーズ」ブランドで知られる米チョコレート製造最大手のザ・ハーシー・カンパニーは13日、米国外では最大規模となる研究開発(R&D)拠点を、マレーシアのジョホール州に開設した。

インドおよびアジア太平洋地域・欧州・中東・アフリカ(AEMEA)地域事業を担当するハルジット・バハラ副社長によると、同センターはAEMEA地域全体をカバーするR&D拠点となる。

約1万400sqft(約967㎡)の施設には、研究所、パッケージ開発施設、味覚試験施設などが設けられており、域内の消費者の嗜好とその変化に合わせて、新製品の開発やテスト、発売を迅速に行えるようになるという。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.06.23
マレーシア、2022年の観光客誘致目標を450万人に上方修正へ

マレーシアのナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相はこのほど、今年の外国人観光客の誘致目標について、従来の200万人から9月にも450万人へと上方修正する可能性があることを明らかにした。 上方修正の背景には、4月1日に外国人観光客の受け入れを再開して以降、想定...[記事全文]

2022.06.23
イケア、バンコクで東南ア初の都市型店舗を来年開業へ

スウェーデンの家具大手イケアはこのほど、タイの首都バンコクに、東南アジア初となる都市型店舗を来年末にも開業することを明らかにした。 新店舗は、スクンビット通りの商業施設「エムスフィア」の3階に設置される。半径5km圏内に約30万世帯があり、外国人も多いエ...[記事全文]

2022.06.22
中国人富裕層、シンガポールでファミリーオフィス開設を拡大

シンガポール最大の法律事務所デントンズ・ロダイク&ダビッドソンによると、2022年1~4月にシンガポールで新たに開設されたファミリーオフィス(富裕層一族の資産の運用・保全を行う組織)のうち、広東省、香港、マカオの中国系投資家によるものが全体の44%を占め、前年同期の38....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年05月18日