海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.06.22
中国人富裕層、シンガポールでファミリーオフィス開設を拡大

シンガポール最大の法律事務所デントンズ・ロダイク&ダビッドソンによると、2022年1~4月にシンガポールで新たに開設されたファミリーオフィス(富裕層一族の資産の運用・保全を行う組織)のうち、広東省、香港、マカオの中国系投資家によるものが全体の44%を占め、前年同期の38.6%から一段とシェアを高めた。

中国国内でビジネスに対する規制が強まる一方、東南アジアはスタートアップへの投資に適していることから、そのハブ地としてシンガポールでのファミリーオフィスの開設を行うケースが増えている見られる。

実際にシンガポールでファミリーオフィスを開設した中国人実業家は地元メディアの取材に対し、「日本や香港、台湾などでの開設も検討したが、東南アジアでブロックチェーン(分散型台帳)や人工知能(AI)関連などのスタートアップに投資するうえでは、シンガポールが有利だと判断した」と語っている。

なお、シンガポールでは今年4月、ファミリーオフィスが税制上の優遇措置の対象となるための要件が厳格化されているが、デントンズ・ロダイク&ダビッドソンはそれによりシンガポールの信頼性が高まり、今後も中国人富裕層によるファミリーオフィスの開設が増加すると見ている。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.06.24 NEW
フィリピン中銀が0.25%の追加利上げを決定、2会合連続

フィリピン中央銀行は23日に開催した金融政策決定会合で、政策金利にあたる翌日物借入金利(RRP)を0.25ポイント引き上げ、2.50%とすることを発表した。利上げの決定は、2会合連続となる。 中銀はコロナ禍に対応するため、2020年11月に2.00%まで利下...[記事全文]

2022.06.23
マレーシア、2022年の観光客誘致目標を450万人に上方修正へ

マレーシアのナンシー・シュクリ観光・芸術・文化相はこのほど、今年の外国人観光客の誘致目標について、従来の200万人から9月にも450万人へと上方修正する可能性があることを明らかにした。 上方修正の背景には、4月1日に外国人観光客の受け入れを再開して以降、想定...[記事全文]

2022.06.23
イケア、バンコクで東南ア初の都市型店舗を来年開業へ

スウェーデンの家具大手イケアはこのほど、タイの首都バンコクに、東南アジア初となる都市型店舗を来年末にも開業することを明らかにした。 新店舗は、スクンビット通りの商業施設「エムスフィア」の3階に設置される。半径5km圏内に約30万世帯があり、外国人も多いエ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年06月22日