海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.06.22
22年5月の米中古住宅販売は2年ぶり低水準、価格は過去最高

全米不動産協会(NAR)によると、2022年5月の中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比3.4%減の541万戸と、2020年6月以来の低水準を記録した。地域別に見ると、北東部は前月比1.5%増となったものの、中西部は同5.3%減、南部は同2.8%減、西部は5.3%減と低迷した。

背景には、住宅価格の高騰と住宅ローン金利の急上昇によって、買い手の支払い負担が高まっており、初めての住宅購入を検討している層を中心に手控えムードが強まっていることがある。

一方、深刻な在庫不足が続く中、販売価格(中央値)は前年同月比14.8%上昇の40万7,600ドルと、過去最高を更新した。なお、5月の販売ペースに基づく在庫の消化期間は2.6ヵ月となり、健全な需給バランスとされる6~7ヵ月を大幅に下回っている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.06.24 NEW
22年1Qのフィリピン住宅価格指数5.6%上昇、首都圏堅調

フィリピン中央銀行によると、2022年第1四半期(1~3月)の住宅価格指数(RREPI、2014年第1四半期=100)は前年同期比5.6%上昇の139.6となり、3四半期連続でのプラス成長となった。地域別では、マニラ首都圏が9.5%上昇、首都圏以外が5.0%だった。 ...[記事全文]

2022.06.17
22年5月の米住宅着工件数は14.4%減、金利急騰が重し

米商務省によると、2022年5月の米住宅着工件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比14.4%減の154万9,000戸となり、2021年4月以来の低水準となった。 住宅価格の高騰によって初めて購入を検討している層にとって手が届きにくい状況となっていた中、...[記事全文]

2022.06.16
22年5月のシンガポール民間住宅販売は2.1倍、投機抑制策の影響一巡

シンガポール都市開発庁(URA)によると、2022年5月の新築民間住宅販売件数は、前月比2.1倍の1,356戸と、6ヵ月ぶりの高水準を記録した。 昨年12月に政府が追加印紙税の引き上げなどの新たな不動産投機抑制策を導入して以降、取引は低調となっていたが、導入...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年06月22日