海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.08.03
マカティ市、IT企業支援で「フィリピンのシリコンバレー」目指す

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市のアビー・ビナイ市長はこのほど、IT企業への積極的な支援を通じて、同市を「フィリピンのシリコンバレー」へと発展させる考えを明らかにした。優遇税制やスタートアップ支援を通じて競争力のある環境を提供し、IT企業の誘致や育成、起業を促していく。

ビナイ市長は、「マカティ市はスマートシティ化に向けた初期段階にあり、都市をスマートに保つのに必要なよりスマートな労働力を生み出すために、IT企業の支援が必要になる。IT企業やスタートアップを支援することは、地方だけでなく国家経済の発展に繋がる」と説明。

続けて、マカティ市地下鉄など積極的なインフラ投資を進めていることを強調したうえで、「EC企業やソフトウェア開発会社などが、マカティ市で事業の立ち上げや拡大、移転を検討してくれることを願う」と訴えた。

現在、マカティ市ではIT企業向けのオフィスビル40棟がフィリピン経済区庁(PEZA)の登録を受けており、税優遇措置などが提供されている。また、今年にはフィリピン政府による産学官連携のIT起業支援の試験導入対象都市にも選ばれている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.08.10 NEW
22年2QのフィリピンGDP成長率は7.4%増、経済活動の再開が追い風

フィリピン統計庁(PSA)によると、2022年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比7.4%増となった。新型コロナウイルス対策の外出・移動規制が大幅に緩和され、経済活動の再開が本格化する中、5四半期連続でのプラス成長となった。 項目...[記事全文]

2022.08.05
マカティ市、スマートシティ化に向けて電動バス網整備へ

フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のアビー・ビナイ市長はこのほど、スマートシティ化に向けて、市内に電動バス(Eバス)による新たな公共交通システムを整備することを明らかにした。 電動バス網の整備事業を進めるにあたって、マカティ市と韓国国際協力機構(KOICA)...[記事全文]

2022.07.28
IMF、22年のフィリピンGDP成長率見通しを6.7%に上方修正

国際通貨基金(IMF)はこのほど、2022年のフィリピンの実質GDP成長率予測を前年比6.7%増とし、4月時点の予測の6.5%から上方修正した。 新型コロナウイルス対策の外出・移動制限が緩和され、経済活動の正常化が進む中、今年上半期(1~6月)に予想を上回る...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年08月03日