海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.10.21
22年9月の米中古住宅販売件数は1.5%減、8ヵ月連続の減少

全米不動産協会(NAR)によると、2022年9月の米中古住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比1.5%減の471万戸となった。住宅ローン金利の上昇や物件価格の高止まりによって取得のハードルが上がる中、8ヵ月連続で減少した。

地域別では、西部が前月比横ばいだったものの、北東部は同1.6%減、中西部は同1.7%減、南部は同1.9%減となった。

物件種別では、一戸建て住宅の販売件数が前月比0.9%減の426万戸、コンドミニアムが同5.8%減の49万戸だった。また、販売価格の中央値は、一戸建てが前年同月比8.1%上昇の39万1,000ドル(約5,870万円)、コンドミニアムが同9.8%上昇の33万1,700ドルとなった。

NARのチーフエコノミストであるローレンス・ユン氏は、「物価の高い地域ほど住宅ローン金利の上昇などによる負担増大の影響を受けており、販売戸数の減少幅が大きくなっている」と指摘。ただ、「販売件数は減少しているものの、在庫も限られているため、4分の1以上の住宅は複数のオファーが発生することで当初の提示価格よりも高く売れている」とも語っている。

9月末時点の在庫は、前月比2.3%減の125万戸。現在の販売ペースに基づく在庫消化期間は3.2ヵ月と、健全な需給バランスとされる6~7ヵ月を引き続き大きく下回っている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.01.30
22年4Qのシンガポール住宅賃料は29.7%増、16年ぶりの高い伸び

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2022年第4四半期(10~12月)における民間住宅賃料指数(2009年第1四半期=100)は、前年同期比29.7%増の148.1となった。上昇率は過去最高を記録した2007年以来、16年ぶりの高水準だという。 物...[記事全文]

2023.01.27
22年4Qの米GDP成長率は2.9%増、高インフレ下でも底堅さ

米商務省によると、2022年第4四半期(10~12月)の米実質GDP成長率(速報値、季節調整済み)は、年率換算で前期比2.9%増となり、市場予想(2.8%)を上回る伸びを示した。これにより、2022年通年の成長率は、前年比2.1%増となった。 高いインフ...[記事全文]

2023.01.27
22年のフィリピンGDP成長率は7.6%増、個人消費がけん引

フィリピン政府によると、2022年の実質GDP成長率(速報値)は前年比7.6%増となり、46年ぶりの高い伸びを記録した。また、政府予測の6.5~7.5%も上回り、新型コロナウイルス流行前の2019年の水準も回復した。 ロシアのウクライナ侵攻や、対米ドルでのペ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年10月21日