海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.11.29
タイのコンドミニアム市場、23年は中低価格帯が回復をけん引か

タイ・コンドミニアム協会のピラポン会長はこのほど、2023年のタイのコンドミニアム市場に関して、200万~300万バーツ(約780万~1,170万円)の中低価格帯物件が回復をけん引するとの見方を示した。

タイを訪れる外国人旅行者数が2023年に年間2,000万人まで回復する見通しである中、同会長は観光業に携わるタイ人を中心に中低価格帯物件の需要が伸びると指摘。首都バンコク、北部チェンマイ、東部パタヤ、南部プーケットなど、主要な観光地で同様の動きが出てくると予想している。

また、外国人の買い手については、すでに欧州勢が市場に戻り始めているが、第2四半期(4~6月)までに中国人の買い手も回復してくれば、外国人向けコンドミニアム市場は通年で400億~500億バーツに達する可能性があるとした。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.01.30
22年4Qのシンガポール住宅賃料は29.7%増、16年ぶりの高い伸び

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2022年第4四半期(10~12月)における民間住宅賃料指数(2009年第1四半期=100)は、前年同期比29.7%増の148.1となった。上昇率は過去最高を記録した2007年以来、16年ぶりの高水準だという。 物...[記事全文]

2023.01.26
タイ中銀が0.25%の利上げを決定、4会合連続

タイ中央銀行(BOT)が25日に開催した金融政策委員会(MPC)で、政策金利に当たる翌日物レポ金利を0.25ポイント引き上げ、1.50%とすることを決めた。政策金利の引き上げは昨年8月以降、4会合連続となる。 中銀は声明で、「中国人観光客の回復などを背景...[記事全文]

2023.01.23
ニトリHDがタイに進出へ、24年3月期に最大10店舗

家具大手のニトリホールディングス(HD)このほど、2024年3月期にタイに進出することを明らかにした。初年度は首都バンコクを中心に最大10店舗の出店を計画している。 似鳥昭雄会長はタイ市場について、「人口比率を踏まえれば、200店程度は出せるのではな...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年11月29日