海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.11.24
22年3QのタイGDP成長率は4.5%増、観光回復が寄与

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2022年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は、前年同期比4.5%増となった。四半期のGDP成長率としては、2021年第2四半期(4~6月)以来の高い伸び率だった。

分野別に見ると、長雨の影響で「農業」は2.3%減となったものの、「非農業」が5.0%増と大きく拡大。「非農業」のうち「工業」が4.7%増、「サービス」が5.3%増と共に堅調だった。特に観光業の回復の影響が大きく、「宿泊・飲食」は53.6%増、「輸送・倉庫」は9.9%増と力強い伸びを示した。

今回の結果を受けて、NESDCは2022年のGDP成長率見通しを従来予想(2.7~3.2%)の上限となる3.2%へとアップデート。また、2023年についても、3.0~4.0%の底堅い成長が続くと予想を示した。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.11.30 NEW
22年10月の訪ハワイ渡航者数、コロナ前水準をほぼ回復

ハワイ州産業経済開発観光局(DBEDT)とハワイ州観光局によると、2022年10月にハワイを訪問した渡航者数は、前年同月比37.5%増の75万7,182人だった。これは過去最高の渡航者数を記録した2019年10月の水準から、わずか5%弱下回るだけのものとなる。 ...[記事全文]

2022.11.29 NEW
タイのコンドミニアム市場、23年は中低価格帯が回復をけん引か

タイ・コンドミニアム協会のピラポン会長はこのほど、2023年のタイのコンドミニアム市場に関して、200万~300万バーツ(約780万~1,170万円)の中低価格帯物件が回復をけん引するとの見方を示した。 タイを訪れる外国人旅行者数が2023年に年間2,0...[記事全文]

2022.11.18
フィリピン中銀が0.75%の利上げを決定、14年ぶりの水準に

フィリピン中央銀行は17日の金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物借入金利(RRR)を0.75ポイント引き上げ、年5.00%とすることを決めた。利上げは緊急会合を含めて6会合連続で、政策金利は約14年ぶりの高水準となる。 メダリア中銀総裁は大幅利上げ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年11月24日