海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.11.21
「三越BGC」が18日に開業、開店前から350人が列

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は18日、フィリピン・マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」を開業した。

オープン初日は、開店前から近隣住民など約350人が行列を形成。旗艦店として地下1階に入るスーパーマーケット「三越フレッシュ」では、来店客の殺到を受けて入場規制が行われる場面も見られた。

三越BGCは、東南アジア初の「三越」ブランドの商業施設として開業。現地の大手財閥系デベロッパーのフェデラルランドと三越伊勢丹HD、野村不動産が共同で進めている複合開発プロジェクト「サンシャイン・フォート」の一環として誕生するもので、開発中の高級コンドミニアム「シーズンズ・レジデンス」の直下に設けられている。

地下1階~地上3階、延べ床面積2万8,000㎡の施設には、約120のテナントスペースを設置。すでにテナントは埋まっているが、営業開始時期には差があり、オープン初日に合わせて営業を開始したテナントは約6割となっている。全面開業は2023年3月を見込んでいる。

地下1階の「三越フレッシュ」は、日本の食材が充実しているのが特徴で、すしや刺し身は日本から週数回に渡って取り寄せる。また、フードコートやスイーツ、デリのコーナーも設けるなど、「デパ地下」を再現したつくりとなっている。この他、1階にはフィリピン初上陸のブランドも豊富なビューティーストア「三越ビューティー」、2階には「紀伊国屋書店」、3階には生活用品店「ダイソー」などが入居している。

三越BGCは、近隣に居住する世帯月収15万~20万ペソ(約37万~49万円)の層をメインターゲットとして想定しており、開業当初は月間数十万人の来店を見込んでいる。BGCには、外資系企業が多く集まり、インターナショナルスクールや日本人学校もあることから、駐在員や比較的高所得なフィリピン人が生活しており、住民の所得水準はマニラ首都圏の中でも高いとされる。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.11.18
フィリピン中銀が0.75%の利上げを決定、14年ぶりの水準に

フィリピン中央銀行は17日の金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物借入金利(RRR)を0.75ポイント引き上げ、年5.00%とすることを決めた。利上げは緊急会合を含めて6会合連続で、政策金利は約14年ぶりの高水準となる。 メダリア中銀総裁は大幅利上げ...[記事全文]

2022.11.11
22年3QのフィリピンGDP成長率は7.6%増、通年目標越え視野

フィリピン統計庁(PSA)によると、2022年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比7.6%増となった。プラス成長は6四半期連続で、市場予想の6.3%増も大幅に上回った。 物価上昇は重しとなったものの、経済活動の正常化が続く中、...[記事全文]

2022.11.09
フィリピン、公有遊休地で低価格住宅を開発へ

フィリピン大統領府は7日、低価格住宅の供給拡大のため、公有遊休地の活用を促すための大統領令を、近く発令する方針であることを明らかにした。大統領令は、人間居住・都市開発省、農地改革省、農業省、環境天然資源省、内務・自治省、土地登記庁(LRA)に対し、住宅開発に活用可能な...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年11月21日