海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.11.18
フィリピン中銀が0.75%の利上げを決定、14年ぶりの水準に

フィリピン中央銀行は17日の金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物借入金利(RRR)を0.75ポイント引き上げ、年5.00%とすることを決めた。利上げは緊急会合を含めて6会合連続で、政策金利は約14年ぶりの高水準となる。

メダリア中銀総裁は大幅利上げの理由について、「高騰する食品価格やエネルギー価格が示すように、10月にインフレが一段と進んだため」だと説明。10月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比7.7%増と、約14年ぶりの高水準に達している。

また、米連邦準備制度理事会(FRB)が大幅利上げを続ける中、自国通貨ペソが対ドルで過去最安値水準まで下落していることもインフレ圧力に繋がっており、FRBに追随することで通貨安に歯止めをかける狙いもある。

急激な利上げは、国内経済に打撃を与える懸念がある。ただ、2022年第3四半期(7~9月)のGDPが前年同期比7.6%と、利上げ環境でも堅調を維持したように、メダリア総裁は国内経済の底堅さに自信を示しており、さらなる利上げにも耐えられると見ている。

なお、中銀は最新のインフレ見通しについて、2022年を5.8%(従来予測5.4%)、2023年を4.3%(同4.0%)といずれも上方修正した。一方、2024年については、従来の3.2%から3.1%へと見通しを引き下げている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2022.11.30 NEW
22年10月の訪ハワイ渡航者数、コロナ前水準をほぼ回復

ハワイ州産業経済開発観光局(DBEDT)とハワイ州観光局によると、2022年10月にハワイを訪問した渡航者数は、前年同月比37.5%増の75万7,182人だった。これは過去最高の渡航者数を記録した2019年10月の水準から、わずか5%弱下回るだけのものとなる。 ...[記事全文]

2022.11.24
22年3QのタイGDP成長率は4.5%増、観光回復が寄与

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2022年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率は、前年同期比4.5%増となった。四半期のGDP成長率としては、2021年第2四半期(4~6月)以来の高い伸び率だった。 分野別に見ると、長雨の影響で「農...[記事全文]

2022.11.21
「三越BGC」が18日に開業、開店前から350人が列

三越伊勢丹ホールディングス(HD)は18日、フィリピン・マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」を開業した。 オープン初日は、開店前から近隣住民など約350人が行列を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年11月18日