海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.01.18
ホーチミン市のホテル稼働率、22年4Qは62%に改善

英大手総合不動産サービス会社サヴィルズがこのほど公表した、2022年におけるホーチミン市のホテル市場レポートによると、通年の平均ホテル客室稼働率は前年比20ポイント上昇の45%、1泊当たり平均宿泊料金は同21%上昇の160万ドン(約8,800円)となった。

回復をけん引したのは5つ星ホテルで、平均客室稼働率は前年比24ポイント上昇、平均宿泊料金は同44%上昇と最も大きな改善となった。

なお、世界的なコロナ規制の緩和に伴う観光市場の本格回復は年央から進んだため、第4四半期(10~12月)には平均ホテル客室稼働率は62%、1泊当たり平均宿泊料金は180万ドンまで回復している。ただ、中国人観光客が戻っていない中、平均宿泊料金は2019年の水準を依然として19%下回っており、完全回復にはいたっていない。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.01.30
22年4Qのシンガポール住宅賃料は29.7%増、16年ぶりの高い伸び

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2022年第4四半期(10~12月)における民間住宅賃料指数(2009年第1四半期=100)は、前年同期比29.7%増の148.1となった。上昇率は過去最高を記録した2007年以来、16年ぶりの高水準だという。 物...[記事全文]

2023.01.16
オアフ島の小売商業不動産、22年4Qの空室率はコロナ前水準を回復

世界最大級の総合不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、このほど公表した2022年第4四半期(10~12月)の小売市場レポートの中で、オアフ島における小売商業不動産の空室率が前年同期比5.54%まで低下し、新型コロナウイルス流行前の水準を回復したことを明ら...[記事全文]

2023.01.12
22年のベトナム平均月収、コロナ前から12.7%増

ベトナム統計総局(GSO)によると、2022年における労働者の平均月収は、前年比16.0%増の67万ドン(約3万7,520円)となった。新型コロナウイルス流行前の2019年と比べても12.7%増加している。 産業別に見ると、主要3産業(工業・建設業、サー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年01月18日