海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.01.16
オアフ島の小売商業不動産、22年4Qの空室率はコロナ前水準を回復

世界最大級の総合不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、このほど公表した2022年第4四半期(10~12月)の小売市場レポートの中で、オアフ島における小売商業不動産の空室率が前年同期比5.54%まで低下し、新型コロナウイルス流行前の水準を回復したことを明らかにした。

コリアーズによると、小売商業不動産市場の回復の背景には小売売上高の急増があるという。「年間7%のインフレを加味しても、消費者の小売支出コロナ前の水準を健全なマージンで上回っている」ことから、拡張の機会を求める小売業者が増加。オアフ島の平均小売賃料(希望ベース)は過去2年間で6.2%増加し、1sqft当たり月額4.43ドル(約567円)になったとしている。

一方で、「小売業者はコロナ禍での経済の停止、サプライチェーンの問題などを打ち負かしたものの、今度はインフレ、消費者行動の変化、不況の可能性との戦いに直面している」とも指摘。小売市場の短期的な将来見通しについては、慎重な姿勢を崩していないとしたうえで、「実際に景気後退に陥った場合、2023年を通して空室率は上昇するだろう」と予想している。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.01.30
22年4Qのシンガポール住宅賃料は29.7%増、16年ぶりの高い伸び

シンガポール都市再開発庁(URA)によると、2022年第4四半期(10~12月)における民間住宅賃料指数(2009年第1四半期=100)は、前年同期比29.7%増の148.1となった。上昇率は過去最高を記録した2007年以来、16年ぶりの高水準だという。 物...[記事全文]

2023.01.18
ホーチミン市のホテル稼働率、22年4Qは62%に改善

英大手総合不動産サービス会社サヴィルズがこのほど公表した、2022年におけるホーチミン市のホテル市場レポートによると、通年の平均ホテル客室稼働率は前年比20ポイント上昇の45%、1泊当たり平均宿泊料金は同21%上昇の160万ドン(約8,800円)となった。 ...[記事全文]

2023.01.11
ベトナムの不動産消費者心理調査、1年以内に購入予定が7割

ベトナムのオンライン不動産仲介大手バットドンサンがこのほど公表した不動産消費者心理レポートによると、2023年初における同国不動産市場の消費者心理指数は36ポイントとなり、前回(2022年7~12月期)の40ポイントから低下した。 同調査は年2回、国内で...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年01月16日