海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.03.16
22年のマレーシア不動産取引額は過去最高、在庫は過去5年で最低

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)がこのほど公表した報告書によると、2022年の不動産取引額は同23.6%増の1,790億7,000万リンギとなり、過去最高を記録した。また、不動産取引件数も38万9,107件と前年比で29.5%増加。コロナ禍前の2019年(32万8,647件)と比べても、18.4%の増加となった。

近年、マレーシアでは外国人投資家に対する規制強化の影響もあり、住宅在庫の積み上がりが問題となっていた。しかし、2022年における住宅用不動産の在庫数は、24.7%減の2万7,746件に縮小。特に、在庫の積み上がり目立っていた4大首都圏(クアラルンプール、セランゴール州、ジョホール州、ペナン州)の調整が顕著で、4大都市圏の住宅在庫総数は過去5年間で最も低い水準となっている。

NAPICのディレクターであるアイナ・エダユ・アーマド氏は好調な不動産市場について、2022年のGDP成長率が8.7%増と絶好調だったように、国内経済の力強い成長が消費者マインドを刺激したと指摘。また、政府による住宅購入キャンペーンも取引の拡大を後押ししたと見ている。

さらに、世界的なインフレを背景にマレーシアでも政策金利が2.75%まで上昇しているものの、引き続きコロナ禍前の金利水準(3.25%)を下回る緩和的な環境であるため、影響は限定的だと指摘。2023年もマレーシアの不動産市場は、緩やかに成長を続けるとの見通しも示している。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.03.01 NEW
タイの住宅ローン却下率、低価格帯で上昇が顕著に

CIMBタイ銀行はこのほど、低価格住宅向けの住宅ローンにおける申請却下率が、今後一段と上昇する可能性があるとの見通しを示した。 同行は、住宅価格300万バーツ(約1,260万円)以下の物件におけるローン却下率が、昨年の50~60%から今年は65~70%に...[記事全文]

2024.02.29 NEW
ハワイ州政府、マウイ島のバケレンオーナーに長期賃貸転換を要請

ハワイ州のジョッシュ・グリーン州知事はこのほど、マウイ島で不動産の短期賃貸(バケーションレンタル)運用を行っているオーナーに対し、長期賃貸への転換を行うよう強く要請した。 背景には、2023年8月にマウイ島で発生した山火事の影響で住宅を失い、今もホテルな...[記事全文]

2024.02.28
ホノルルに高級ホテル「ルネッサンス」が開業、新築は20年超ぶり

米ハワイ州オアフ島のホノルルで今月28日、大手ホテルチェーン「マリオット」系列の高級ホテルブランドを冠した「ルネッサンス・ホノルル・ホテル&スパ」が開業する。ホノルルに新築のホテルが開業するのは、20年以上ぶりになるという。 同ホテルは、2023年10月...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年03月16日