海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.05.22
オルティガスランド、52階建て高層コンドを開発へ

フィリピンの二大デベロッパーであるアヤラランドとSMグループが出資する不動産開発会社オルティガスランドはこのほど、マニラ首都圏の主要ビジネス街であるオルティガス・センターで、52階建て高層コンドミニアム「オリン・アット・ジェード・ドライブ」(1,245戸)の開発計画を始動した。竣工は2029年後半を予定している。

総事業費は約30億ペソ(約70億円)。中価格帯の物件として居住と投資双方の需要を見込んでおり、売上は約80億ペソを計画している。

オルティガスランドの住宅事業部門の責任者であるジェンナ・べラルド氏は、公共交通機関へのアクセスの良さが強みだと説明。首都圏鉄道MRT3号線の駅が徒歩圏内にあるほか、将来的には近隣に地下鉄の駅も建設される予定であるという。

また、隣接するオフィスの若いビジネス層や近隣の学術機関の学生を主な居住ターゲットとしているため、コンドミニアム内にはジムやプール、ラウンジ、コワーキングスペース、小売店など、現代的な共用施設が備えられるとしている。

間取りはスタジオが専有面積19~25㎡、1ベッドルームが同32~36㎡で、販売価格は600万~1,000万ペソ(約1,500万~2,500万円)。今年4月の販売開始以降、現時点で全体の54%に相当する670戸が売約済みだという。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.06.24 NEW
タイ、コンドミニアムの外国人所有枠を拡大へ

タイ内閣がこのほど内務省に対し、コンドミニアム(マンション)の外国人所有枠を、現行基準である開発ユニットの最大49%から同75%へと拡大する方向で法改正の準備を進めるよう指示したことがわかった。 また、外国人向けの借地権(リースホールド)の期間についても...[記事全文]

2024.06.21 NEW
大和ハウス、タイのホテル開発に初参画

大和ハウス工業は20日、タイの不動産開発大手SCアセット・コーポレーションとのパートナーシップ契約の下、バンコクのホテル開発事業に参画することを発表した。大和ハウスにとって、タイで初めてのホテル開発事業となる。 開発に参画するのは、SCアセットがバンコク...[記事全文]

2024.06.20
マレーシア、外国人向け長期滞在ビザ「MM2H」の新条件を発表

マレーシアのティオン・キンシン観光芸術文化相はこのほど、外国人向け長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の、新たな取得条件を発表した。新制度では、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ取得に必要な資産要件や有効期...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年05月22日