海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2023.05.24
マレーシア、過去6年間のFDI事業で15万人超の雇用創出

マレーシア投資貿易産業省はこのほど、2017~2022年に認可・実現された海外直接投資(FDI)プロジェクトから推定で約15万7,760人の雇用が創出されたと発表した。同期間におけるFDI認可件数は1,392件で、認可額は4,266億リンギ(約12兆9,690億円)に上る。

リウ・チントン投資貿易産業副大臣によると、創出された雇用のうち、84.3%に当たる13万3,117人が現地労働者で、残りの2万6,643人が外国人だという。また、産業別では製造業が15万873人と全体の96%を占めた。業種別では電気・電子が7万5,593人、金属が1万4,477人、機械・装置が7,001人、非金属鉱物が6,820人、ゴム製品が5,721人などとなった。

一方、サービス業の雇用創出は6,887人。業種別では、国際業務が3,197人、サポートサービスが1,481人、医療サービスが1,303人などとなった。

リウ氏は、今後も国家投資政策の5つの基本的な基準の下、「高価値・高所得に繋がる投資を生み出し、既存産業のさらなる拡大と、新たな経済クラスターの創出に繋げていきたい」と語っている。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2023.06.08 NEW
フィリピンの23年GDP成長率予測を6%に引き上げ、世銀

世界銀行はこのほど、2023年のフィリピンの実質GDP成長率見通しを前年比6.0%とし、3月予測の5.6%から上方修正した。また、2024年の成長率見通しについては5.9%としている。 世界銀行は上方修正の理由について、雇用情勢の改善や海外出稼ぎ労働者からの...[記事全文]

2023.06.07 NEW
KLの住宅開発条件が厳格化、低所得層向け住宅の建設を義務に

マレーシアのアンワル・イブラヒム首相は6日、首都クアラルンプール(KL)で住宅開発を行う条件として、低価格住宅または「国民住宅プログラム(PPR)」対象の低所得層向け公営住宅の建設を義務付ける方針を発表した。 同政策の導入後は、開発計画に低価格住宅もしくはP...[記事全文]

2023.05.30
22年のシンガポール名目賃金上昇率は6.5%、過去13年で最高

シンガポール人材開発省によると、2022年の名目賃金上昇率は前年比6.5%増となり、少なくとも過去13年で最高となった。ただ、強いインフレ圧力にさらされる中、物価上昇を加味した実質賃金上昇率は、同0.4%増と10年ぶりの低水準にとどまっている。 2022年に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2023年05月24日