海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.02.02
セブ市、中心部で地下鉄の敷設を検討

フィリピン中部のセブ市政府が、慢性化する交通渋滞を緩和するため、市中心部を縦断する地下鉄の整備を検討していることがこのほど明らかになった。想定されているのは、北部タランバンと南部のバランガイ(最小行政単位)であるブラカオ間の約16kmを結ぶルートだという。

1月31日の市議会で、レイ・ジアロン市議会議員が起草した運輸省(DOTr)に地下鉄整備の実現可能性を調査するよう求める案が承認。今後、事業化調査で計画の実現性を見極めた後、運輸省に承認されれば、プロジェクトが具体化する可能性がある。

ジアロン氏は、自動車の増加で交通渋滞が一段と厳しくなっているとしたうえで、「既存道路の拡張はもはや難しく、新しい交通網を構築することが最良の解決策だ」と地下鉄の必要性を訴えている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.03.01 NEW
ニトリ、フィリピン1号店を4月にも開業へ

家具・インテリア用品大手ニトリ・ホールディングスが、早ければ4月にもフィリピン1号店を開業する予定であることがこのほどわかった。 出店場所は、マニラ首都圏タギッグ市の近未来都市ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)にある商業施設「三越BGC」を予定。すでに...[記事全文]

2024.02.21
フィリピンの特別退職居住ビザ、申請年齢の引き下げ検討

フィリピン退職庁(PRA)のロベルト・ゾゾブラド長官はこのほど、特別退職者居住ビザ(SRRV)の申請下限年齢を、現行の50歳から35歳に引き下げる方向で入局管理局と協議する考えを明らかにした。 SRRVは、一定の条件を満たした外国人に対し、永住権と数次入国ビ...[記事全文]

2024.02.16
23年の在外フィリピン人送金額、3年連続で過去最高

フィリピン中央銀行によると、2023年通年の海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの本国送金額(銀行経由のみ)が、前年比2.9%増の334億9,100万ドル(約5兆240億円)となり、3年連続で過去最高を更新した。 世界的に経済活動の正常化が進...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年02月02日