海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.02.21
フィリピンの特別退職居住ビザ、申請年齢の引き下げ検討

フィリピン退職庁(PRA)のロベルト・ゾゾブラド長官はこのほど、特別退職者居住ビザ(SRRV)の申請下限年齢を、現行の50歳から35歳に引き下げる方向で入局管理局と協議する考えを明らかにした。

SRRVは、一定の条件を満たした外国人に対し、永住権と数次入国ビザの特権を認める制度。SRRVの発給のためには一定額以上の供託預金を行う必要があるが、一部のプランでは供託預金の投資転用が認められている。

SRRVの申請下限年齢は元々35歳であったが、中国人がSRRVを大量に取得し、それを隠れ蓑にフィリピン国内で違法なオンラインカジノ事業を行っていることが問題視され、2021年5月に50歳に引き上げられた経緯がある。ただ、退職庁としては35歳に戻した方が経済的な利益は大きいと判断し、引き下げの検討に入った。

なお、退職庁によると、これまでに7万7,500人の外国人がSRRVを取得。中国人が2万9,400人で最も多く、以下、韓国人(1万4,800人)、インド人(6,700人)、アメリカ人(5,300人)台湾人(5,100人)、日本人(4,300人)と続いている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.04.19 NEW
ニトリがフィリピン1号店を開業、三越BGC内に

ニトリホールディングス(HD)は18日、フィリピンのマニラ首都圏タギッグ市にある近未来都市「ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)」に、同国1号店を開業した。 1号店が入居するのは、商業施設「MITSUKOSHI BGC(三越BGC)」。3階フロアを独占す...[記事全文]

2024.04.17
マニラ首都圏パシッグ市のアルコビアシティ、IT特区に認定

フィリピンの不動産開発大手メガワールドはこのほど、マニラ首都圏パシッグ市ウゴン地区で進めているタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」が、フィリピン経済区庁(PEZA)から特別経済区(スペシャル・エコゾーン)に認定されたことを明らかにした。 アルコビア・シ...[記事全文]

2024.04.12
初の日米比首脳会談が開催、「ルソン経済回廊」を整備へ

アメリカの首都ワシントンのホワイトハウスで11日、史上初となる日米比首脳会談が開催され、経済と安全保障の両面で関係強化を進めていくことで合意した。 経済面では、主要7カ国(G7)などが主導して途上国のインフラ整備を支援する枠組み「グローバル・インフラ投資パー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年02月21日