海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2024.05.31
ハワイ州の住宅不足対策6法案、州知事が署名

ハワイ州のジョシュ・グリーン知事がこのほど、州内で手頃な住宅が不足している問題の解決に向けた6つの法案に署名した。

ハワイ大学経済研究機構の調査によると、州内の不動産価格や金利が高騰する中、2023年時点における一戸建て住宅を購入できる世帯は全体の20%と、2021年の44%から大きく低下。低所得層や高齢者の住宅確保は、政府にとって喫緊の課題となっている。

6つの法案の中で賛否が割れて最も注目を集めたのは、従来は1戸のみの増築を認めていた「オハナ・ユニット」(同じ敷地内の独立した離れの住宅)に関して、最大2戸までの増築を認める内容を盛り込んだ上院法案3202号。グリーン知事をはじめとする賛成派は、この法案によって「数万軒の物件が増築される可能性を秘めている」と期待を示している。一方、反対派は住宅の過密化や不動産投機を招くだけだと懸念している。

なお、この他の法案は、手頃な価格帯の住宅開発のための資金調達支援や、開発業者の財務基準の緩和、ゾーニング基準の緩和などを盛り込んだ内容となっている。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.06.24 NEW
タイ、コンドミニアムの外国人所有枠を拡大へ

タイ内閣がこのほど内務省に対し、コンドミニアム(マンション)の外国人所有枠を、現行基準である開発ユニットの最大49%から同75%へと拡大する方向で法改正の準備を進めるよう指示したことがわかった。 また、外国人向けの借地権(リースホールド)の期間についても...[記事全文]

2024.06.21 NEW
大和ハウス、タイのホテル開発に初参画

大和ハウス工業は20日、タイの不動産開発大手SCアセット・コーポレーションとのパートナーシップ契約の下、バンコクのホテル開発事業に参画することを発表した。大和ハウスにとって、タイで初めてのホテル開発事業となる。 開発に参画するのは、SCアセットがバンコク...[記事全文]

2024.06.20
マレーシア、外国人向け長期滞在ビザ「MM2H」の新条件を発表

マレーシアのティオン・キンシン観光芸術文化相はこのほど、外国人向け長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の、新たな取得条件を発表した。新制度では、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ取得に必要な資産要件や有効期...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2024年05月31日