海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.05.10
フィリピン大統領選、ドゥテルテ氏が新大統領就任へ

フィリピン大統領選の投開票が9日に行われ、南部ミンダナオ島ダバオ市長のロドリゴ・ドゥテルテ氏が、他候補を大きく引き離して当選を確実にした。

選挙管理委員会(Comelec)によると、日本時間の10日午前3時20日現在、開票率は88%で、得票率はドゥテルテ氏が38.6%、アキノ大統領の後継候補であるマヌエル・ロハス氏が23.1%、無所属の上院議員のグレース・ポー氏が21.7%。2位のロハス氏が残りの票を全て獲得しても逆転できないことから、ドゥテルテ氏の当選が確実となった。

ドゥテルテ氏はダバオ市長として、警察の権限強化などによって国内最悪といわれた同市の治安を回復させた実績をアピールし、犯罪撲滅を最大の公約に掲げて選挙戦を展開。「フィリピンのトランプ」とも称される歯に衣着せぬ強気な発言も、国民からの期待を集める要因となり、幅広い支持につながった。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.04.15
比不動産大手メガワールドのオフィス事業、コロナ禍でも需要堅調

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは14日、新型コロナウイルスの流行にも関わらず、2020年のオフィス新規貸出面積が13万5,000㎡と堅調に推移したことを明らかにした。 メガワールドの戦略責任者であるケビン・タン氏によると、借り手は主...[記事全文]

2021.04.14
21年1Qの比オフィス需要は22.5%増、IT・BPMセクターがけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)によると、2021年第1四半期(1~3月)のオフィス需要は前期比22.5%増の10万9,000㎡となった。 需要をけん引したのは、IT・BPM(ビジネス・プ...[記事全文]

2021.04.13
マニラ首都圏のケーブルカー建設計画が承認、仏政府が資金提供

フィリピン運輸省(DOTr)はこのほど、国家経済開発庁(NEDA)に対して、マニラ首都圏のケーブルカー・トランジットシステムの建設プロジェクトを承認したことを明らかにした。 開発はフランス政府からの資金提供によって行われる予定で、すでにフランスのコンサル...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年05月10日