海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.02.13
セカンドリンク、13日から通行料を最大82%引き下げ

マレーシア政府はこのほど、同国ジョホール州とシンガポールを結ぶ第二連絡橋「セカンドリンク」の通行料を、13日から引き下げる方針を明らかにした。ピーク時間外の午前10時~午後3時と午後11時~翌午前5時に新料金が適用される見通しで、これにより二輪車を除く全車種の通行料が最大82%安くなるという。

値下げ後の新料金は、乗用車が4リンギ(現在7.5リンギ)、タクシーが3リンギ(同5.7リンギ)、バスが4.5リンギ(9.1リンギ)、商用車はバンなどクラス2が4.5リンギ(同17.1リンギ)、大型トラックなどクラス3が6.1リンギ(同34.3リンギ)となる。

現在、ジョホール州とシンガポールの間にはセカンドリンク以外に、ジョホールバル市街地から延びる連絡橋「コーズウェイ」が通っているが、慢性的に厳しい渋滞が続いていることから料金引き下げによって混雑を分散させたい狙いで、政府は今回の措置でコーズウェイを利用する商用車数を40%削減できるとしている。


関連記事

2018.08.10
イスカンダル・マレーシア、人口増で25年までに住宅70万戸が必要

マレーシア・ジョホール州のイスカンダル地域開発庁(IRDA)は、同州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)で進む大型再開発プロジェクト「イスカンダル計画」の完了を予定している2025年までに、60万~70万戸の住宅が必要との見通しを示した。 計画の進展...[記事全文]

2018.08.08
ジョホール~シンガポール間の高速輸送システム、敷設事業継続へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、ナジブ前政権時に計画されたマレーシア南部のジョホールバルとシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の敷設事業について、マハティール新政権下でも事業を継続する方針であることを明らかにした。今年5月に新政権が発足して以来、クアラルンプール~...[記事全文]

2018.07.31
17年のマレーシア州別GDP成長率、クアラルンプールは7.4%増

マレーシア統計局はこのほど、2017年の州・地域別GDP成長率を発表。クアラルンプール・プトラジャヤの成長率は7.4%増となり、全国平均の5.9%を大きく上回った。最大の伸び率となったのはサバ州の8.2%増で、そのほか主要な州・地域では、マラッカ州が8.1%増、セランゴール州が7...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年02月13日