海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.07.10
オルティガス財閥、CBD開発に260億ペソを投資へ

フィリピンの大手財閥「オルティガス・グループ」の不動産開発部門である「オルティガス&カンパニー」は、マニラ首都圏パシッグ市のオルティガス中央商業地区(CBD)内の複合地区「キャピトル・コモンズ」の開発に260億ペソ(538億円)を投資すると発表した。

同地区内には、日本から約1,000億円の円借款供与も決まっているフィリピン初の地下鉄整備計画「Mega Manila Subway(第1フェーズ)」によって、「オルティガス・サウス駅」が設置される予定であることもあり、周辺開発に力を入れたい考え。

同社によると、面積10ヘクタールの用地に、高層コンドミニアム「ロイヤルトン」「インペリウム」「メイブン」の3棟を建設。また、高級ショッピングモール「エスタンシア」の賃貸可能面積を7万6,000m2拡張し、新たに映画館、飲食店、小売店、財閥SMグループ系の百貨店が入居する予定で、コンドミニアムは3年以内、エスタンシアの拡張は来年の完成を見込んでいるという。


関連記事

2018.12.12 NEW
フィリピンのGDP、今後20年間で世界18位の規模に拡大へ

英市場調査会社キャピタル・エコノミクスは、世界経済の長期見通しに関する最新のレポートの中で、フィリピン経済は生産年齢人口の増加を背景に成長が続き、2037年にGDPは世界18位(現在、同25位)の規模になると予想を示した。 同レポートによれば、フィリピン経済は18~27年に...[記事全文]

2018.12.11 NEW
ワードビレッジの高級コンド「アエオ」が完成、引き渡し始まる

アメリカの大手不動産開発会社ハワードヒューズ・コーポレーションが、ホノルル近郊にあるカカアコ地区の大規模タウンシップ開発プロジェクト「ワードビレッジ」の一環として開発していた高級コンドミニアム「Ae'o(アエオ)」が竣工。このたび、オーナーへの引き渡しが開始された。 アエオ...[記事全文]

2018.12.10 NEW
11月のオアフ島住宅販売価格、一戸建ては6.4%上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況データによると、11月にオアフ島で販売された一戸建て住宅の件数は、前年同月比13%減の309件だったものの、中間販売価格は同6.4%増の80万ドルとなった。一方、コンドミニアムは販売件数が同9.4%減の443件、中間販売価格が同1....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年07月10日