海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.07.10
オルティガス財閥、CBD開発に260億ペソを投資へ

フィリピンの大手財閥「オルティガス・グループ」の不動産開発部門である「オルティガス&カンパニー」は、マニラ首都圏パシッグ市のオルティガス中央商業地区(CBD)内の複合地区「キャピトル・コモンズ」の開発に260億ペソ(538億円)を投資すると発表した。

同地区内には、日本から約1,000億円の円借款供与も決まっているフィリピン初の地下鉄整備計画「Mega Manila Subway(第1フェーズ)」によって、「オルティガス・サウス駅」が設置される予定であることもあり、周辺開発に力を入れたい考え。

同社によると、面積10ヘクタールの用地に、高層コンドミニアム「ロイヤルトン」「インペリウム」「メイブン」の3棟を建設。また、高級ショッピングモール「エスタンシア」の賃貸可能面積を7万6,000m2拡張し、新たに映画館、飲食店、小売店、財閥SMグループ系の百貨店が入居する予定で、コンドミニアムは3年以内、エスタンシアの拡張は来年の完成を見込んでいるという。


関連記事

2018.09.21 NEW
マニラ首都圏のオフィス契約が早くも前年超え、IT・BPM需要がけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)によると、マニラ首都圏の2018年1~9月のオフィススペース新規契約が79万9,653m2となり、17年通年の77万4,957m2をすでに上回っているという。 IT・ビジネス・プロセス・マ...[記事全文]

2018.09.20 NEW
フィリピンの上位中所得国入り、来年にも前倒しで実現へ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、早ければ来年にもフィリピンの1人当たり国民総所得(GNI)が4,000ドル(約45万円)に達するとの見通しを発表した。世界銀行が各国・地域の所得水準に応じて設定している区分において、フィリピン政府は当初、2022年に「上位中所...[記事全文]

2018.09.20 NEW
キャピタランドが米国の集合住宅16軒を取得、有望市場と見込む

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは18日、完全子会社のキャピタランド・インターナショナルを通じて、アメリカの集合住宅16軒を、総額8億3,500万ドル(約937億円)で取得したことを発表した。同社がアメリカの集合住宅を取得するのは初めて。 取得したのは、シア...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年07月10日