海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.10
フィリピン長者番付、SMグループのシー氏が11年連続で首位

米経済誌フォーブスは5日、「フィリピンの富豪50人」(2018年版)を発表し、大手複合企業SMグループのヘンリー・シー氏が、資産額183億ドル(約2兆300億円)で11年連続の首位を獲得した。

2位には不動産開発大手ビスタ・ランド&ライフスケープスのマヌエル・ビリヤル氏(資産額50億ドル)が、前年の12位から大きくジャンプアップ。以下、3位に大手複合企業JGサミット・ホールディングスのジョン・ゴコンウェイ氏(44億ドル)、4位に大手財閥アヤラ・コーポレーションのハイメ・ゾベル・デアヤラ氏(40億ドル)、5位に港湾運営大手インターナショナル・コンテナ・ターミナル・サービシズ(ICTSI)のエンリケ・ラソン氏(39億ドル)と続いた。


関連記事

2018.09.21 NEW
マニラ首都圏のオフィス契約が早くも前年超え、IT・BPM需要がけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)によると、マニラ首都圏の2018年1~9月のオフィススペース新規契約が79万9,653m2となり、17年通年の77万4,957m2をすでに上回っているという。 IT・ビジネス・プロセス・マ...[記事全文]

2018.09.20
フィリピンの上位中所得国入り、来年にも前倒しで実現へ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、早ければ来年にもフィリピンの1人当たり国民総所得(GNI)が4,000ドル(約45万円)に達するとの見通しを発表した。世界銀行が各国・地域の所得水準に応じて設定している区分において、フィリピン政府は当初、2022年に「上位中所...[記事全文]

2018.09.18
7月の在外フィリピン人送金額、5.2%増の24億ドル

フィリピン中央銀行によると、7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(ODW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比5.2%増の24億100万ドル(約2,690億円)だった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が4.5%増の19億ドル、船員など海上就...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月10日