海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.11
星メディア大手SPH、イギリスの学生寮を14棟取得

シンガポールの新聞・出版大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は10日、不動産管理部門の強化のため、英国で14棟の学生寮を取得したと発表した。取得したのは、イギリスの学生寮運営最大手のユナイト・グループが、ロンドン、バーミンガム、ブリストル、ハダースフィールド、プリマス、シェフィールドで運営している学生寮で、取得額は約1億8,050万ポンド(約261億円)。

大学進学率が高く、海外留学生も多いイギリスにおいて、学生寮は需要が増大している一方で、物件供給は大幅に不足していることから、高い稼働率と安定的なリターンが期待できる投資先として注目を集めている。


関連記事

2019.01.16 NEW
カンボジアの大手財閥チップモンが複合開発、米マリオット系ホテルも入居

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは14日、政府系機関も多く集まる首都プノンペンのロシア通り沿い7マカラ区で、45階建ての複合ビルの開発に着手した。投資額は1億5,000万ドル(約162億7,500万円)で、2022年の開業を目指す。 同複合ビルには、オフィスフロアや...[記事全文]

2019.01.10
19年のマレーシア高級住宅市場は堅調さが継続、英ナイトフランク予測

英系不動産仲介大手のナイト・フランク・マレーシアは8日、同国不動産市場に関するレポートを発表。国内経済が底堅く推移しているほか、新政権の財政政策が19年度予算案で明確になったことで投資家の信頼感が改善しつつあると指摘したうえで、19年のマレーシアの不動産市場はクアラルンプール(K...[記事全文]

2019.01.10
オアフ島の住宅市場、18年12月は販売減も価格は堅調

ホノルル不動産協会(HBR)によると、2018年12月にオアフ島で売買された一戸建て住宅の件数は前年同月比28.3%減の259件となったものの、販売価格(中央値)は同78万8,000ドルと堅調だった。また、コンドミニアムは販売件数が同4.6%減の440件、販売価格(中央値)が同1...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月11日