海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.05
アラモアナ公園にプレイグラウンドを建設へ

ボランティア団体がホノルル市に提案していた「アラモアナ・ビーチパーク」内に公共のプレイグラウンド(子供用の遊具施設)を建設する計画が、市より承認された。今後は2018年末までに施設建設の許可を取り、2019年には建設を開始する予定で、完成後は無料で一般に開放する。

広さ1エーカーのプレイグラウンドには、小型のジップライン、滑り台、ブランコ、スプラッシュ・バッド、ピクニックテーブル、売店などを設置。建設費は250万ドル(約2億8,200万円)となる見通しで、民間企業などからの寄付金で賄うという。


関連記事

2019.04.12
チャンギ国際空港の大型モール「ジュエル」が17日開業へ

シンガポールのチャンギ国際空港の隣接地に建設された大型商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」が、17日に開業する。国際乗り継ぎのハブを目指してアジアや中東の主要空港との競争が激しくなる中、新たな施設の開設によってさらに魅力を高めたい考え。 同施設は、地上5階、地下5...[記事全文]

2019.04.11
日本人のロングステイ希望国、マレーシアが13年連続で1位に選出

一般社団法人ロングステイ財団は2日、「ロングステイ希望国・地域2018」を公表し、日本人がロングステイしたい国としてマレーシアが13年連続で1位に選出された。 ロングステイ財団は、マレーシアが人気を集める理由として、長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンドホームプログラ...[記事全文]

2019.04.11
マレーシアの高速鉄道計画、コストを圧縮した代替案を策定へ

マレーシアのマハティール首相は、首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)事業計画について、建設コスト削減に向けたあらゆる選択肢を模索し、代替計画案を策定する考えであることを明らかにした。HSRを巡ってはマレーシア政府が昨年7月、財政赤字の圧縮を理由に計画中止...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月05日