海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.02.08
マニラ⾸都圏のオフィス市場は好調継続、18年の新規需要は過去最⾼

⽶系不動産サービス⼤⼿コリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、2018年におけるマニラ⾸都圏のオフィスが過去最⾼の118万m となった。ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業からの需要が引き続き旺盛で、中でも⾼度な専⾨知識や技術を⽣かして業務を請け負うナレッジ・プロセス・アウトソーシング(KPO)企業からの引き合いが⽬⽴ったという。

同社は、向こう1年間に完成する予定の賃貸オフィスのうち、昨年末時点で既に28%の借り⼿が決まっていることを理由に、今年も好調が続くとの⾒解を発表。特に、マカティCBD、フォート・ボニファシオ、モンテンルパ市アラバン、マニラベイエリアの需要が強く、⾸都圏全体では21年まで毎年平均90万m の新規需要があると予測した。

その他、空室率の⾒通しについては、19年末時点が5.3%、20年が5.6%、21年が5.9%と徐々に上がるとしたものの、6%未満での落ち着いた動きになるとの⾒解を⽰した。また、需給のひっ迫を背景に、19〜21年の賃料は年平均8.0%上昇するとの⾒通しを⽰した。


関連記事

2019.02.18 NEW
18年の在外フィリピン人送金額は289億ドル、15年連続で過去最高を更新

フィリピン中央銀行によると、2018年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年比3.1%増の289億4,300万ドル(約3兆1,950億円)だった。15年連続での過去最高の更新となる。 家政婦(メイド)など陸上就...[記事全文]

2019.02.18 NEW
比不動産大手アヤラ、18年は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比17%増の1,662億ペソ(約3,490億円)、純利益が16%増の292億ペソだった。 部門別では、住宅やオフィスを販売する不動産開発部門の売上高が、18%増の1,134億ペ...[記事全文]

2019.02.15 NEW
シンガポールCBDの高級オフィス賃料、18年10~12月期は14.9%上昇

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルが13日に発表したシンガポールのオフィス市場のリポートによると、2018年第4四半期(10月~12月)における中央商業地区(CBD)の高級オフィス(グレードA)の平均月間賃料は、前年同期比14.9%増の1平方フィート当たり9....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年02月08日