海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.02.01
シンガポール政府、オーチャードの再開発案を公表

シンガポール政府観光局(STB)、都市再開発庁(URA)、国⽴公園管理局は1⽉30⽇、繁華街オーチャード・ロードの再開発案を公表した。郊外のショッピングモールが充実してきたことなどもあり、かつての勢いに陰りも⾒られる中、「市⺠と旅⾏者の両⽅が訪れやすい場所にする」「オーチャードを取り戻す」をテーマに活性化を図りたい考え。

公表された開発案によると、約2.4kmにわたる通り沿いの地区を4つのエリアに分け、それぞれ特⾊を持たせた開発を進める⽅針。オーチャード駅周辺のオーチャード地区は、引き続き「ショッピングの中⼼地」としての強みを⽣かす考えで、通り沿いのイベントスペースの整備や、⾼架陸橋を建設して歩⾏者が横断しやすいようにすることなどを検討している。

その他、オーチャード・ロードの⻄側タングリン地区では、芸術・⽂化を柱とした街づくりを推進し、サマセット地区ではグランジ・ロードの⻘空駐⾞場をイベントスペースとしてeスポーツの開催を⾏うなど、若者が集まるエリアとする⽅針。また、ドビーゴート駅周辺は、イスタナ・パーク、ドビー・ゴート・グリーンおよびプラザ・シンガプラの屋外スペースを緑のオアシスとし、⾃動⾞の乗り⼊れも禁⽌することで、ファミリー層が安⼼して楽しめるエリアとしたい考え。


関連記事

2019.02.15 NEW
シンガポールCBDの高級オフィス賃料、18年10~12月期は14.9%上昇

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルが13日に発表したシンガポールのオフィス市場のリポートによると、2018年第4四半期(10月~12月)における中央商業地区(CBD)の高級オフィス(グレードA)の平均月間賃料は、前年同期比14.9%増の1平方フィート当たり9....[記事全文]

2019.02.15 NEW
18年のシンガポール世帯月収、3%増の9293Sドル

シンガポール統計局によると、シンガポール人と永住権(PR)保有者1人以上が働いている世帯を対象に調査した2018年の世帯月収(中央値)は、9,293Sドル(約75万5,500円)だった。名目では前年比3.0%増、実質では同2.6%増。過去5年間の世帯月収の伸びは、実質で年平均...[記事全文]

2019.02.14
18年の訪シンガポール外国人旅行者は6.2%増の1850万人、3年連続で過去最高

シンガポール政府観光局(STB)が発表した観光統計によると、2018年に同国を訪れた外国人旅行者数(速報値)は、前年比6.2%増の1,850万人となり、3年連続で過去最高を更新した。 国・地域別の旅行者数は、中国が6%増の341万7,000人でトップ。以下、インドネシア...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年02月01日