海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.13
マニラ市の不動産税引き下げへ、今後3年間で40%

今年7月にマニラ市の新市長に就任し、新たな政策を次々に打ち出しているイスコ・モレノ氏は8日、同市の不動産税を今後3年かけて40%引き下げる条例を市議会が可決したことを明らかにした。減税は3段階に分けて行われ、まず2019年に20%の引き下げを実施。その後、20年・21年にそれぞれ10%ずつ引き下げるという。

マニラ市の不動産税は、エストラーダ前市長時代の2013年に、債務返済を行うために300%引き上げられたが、市民の負担感が急激に増した影響もあり、課税額の7割程度の納税率にとどまっていた。

モレノ市長は「市民は税金を支払わなければならないが、税が重過ぎれば不当な負担になる」とコメントしている。


関連記事

2019.08.20 NEW
越不動産大手FLCグループ、中部コントゥム省で高級都市区の開発に着工

ベトナムの不動産開発大手FLCグループは15日、中部高原コントゥム省で高級都市区「FLCレガシー・コントゥム」の開発に着工した。総投資額は1兆7,000億ドン(約78億2,000万円)となる見通し。 同開発では、コントゥム市チュオンチン通り沿いの約18ヘクタ...[記事全文]

2019.08.20 NEW
ワイキキの超高級ホテル「エスパシオ」が9月7日に開業へ

興和ワイキキは9月7日、ワイキキのメイン通りであるカラカウアアベニュー沿いに、高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」をオープンする。 同ホテルは、元々「アストン・ワイキキ・ビーチサイド・ホテル」として運営されていたものを興和ワイキキが買収し、改装...[記事全文]

2019.08.19 NEW
比不動産大手メガワールド、パシッグ市で新たな住宅開発へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、マニラ首都圏パシッグ市で実行中のタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」の一環として、新たな住宅開発プロジェクト「アルコビア・パラッツォ」を進める考えを明らかにした。 同プロジェクトはアルコビア・シティにおける住宅...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月13日