海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.29
マレーシア住宅市場、サービスアパートの需要が増加

マレーシアの大手不動産情報サイトi Propertyは、1~6月における同サイトへの訪問状況や掲載物件を分析した結果、全体の住宅需要は前年同期比4.1%増になったと発表した。

物件種別ごとに見ると、サービスアパートメントが同14.7%増と最大の伸びを示した。同社は要因として、価格が低下して手頃になってきていることや、利便性の高い立地を挙げた。ただ、1戸当たり販売価格の中間値は、前年同期比8.2%減の49万リンギ(約1,230万円)だった。

その他、テラスハウス(低層集合住宅)の需要が3.7%増、コンドミニアムが5.9%減となり、販売価格はそれぞれ6.7%上昇、2.2%低下した。全体の取引額に占める割合は、テラスハウスが過半を占め最大だった。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.25 NEW
仏ホテル大手アコー、25年までにフィリピンでホテル15軒新設へ

フランスのホテル運営大手Accor Hotels(アコーホテルズ)はこのほど、2025年までにフィリピンで新たに15軒のホテルを開業し、同国におけるネットワークを拡大する計画を明らかにした。 アコーホテルズは現在、フィリピンで「ラッフルズ」「フェアモント...[記事全文]

2020.02.25 NEW
シンガポールの高級ホテル「カールトン」、タイに初進出

シンガポールのCarlton Hotel(カールトン・ホテル)は21日、タイの首都バンコク中心部のスクンビット通りに、高級ホテル「Carlton Hotel Bangkok Sukhumvit(カールトン・ホテル・バンコク・スクンビット)」を正式オープンした。カールト...[記事全文]

2020.02.20
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,000戸に上方修正された。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月29日