海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.29
香港投資家のシンガポール不動産投資が加速、オフィス賃料の伸びに妙味

米不動産会社クッシュマン&ウェイクフィールド(C&W)の調査によると、2019年1~6月における香港の投資家による海外不動産投資額で、シンガポールが国・地域別で初めて首位を獲得した。シンガポールが投資先に選ばれている背景として、政治的な安定性や、他の国・地域と比べてオフィス賃料の伸びが大きいことを挙げている。

香港投資家の投資先を国・地域別にみると、シンガポールが14億5,100万ドルで、投資額全体の約4分の1を占めた。2位はアメリカ(11億9,200万ドル)で、以下、イギリス、日本、オーストラリアが続いた。

C&Wの調査担当者は、香港国内の政情不安によって、「富裕層や家族経営企業がシンガポールでの投資に積極的になっている」と指摘。また、国内で利下げが進む中、今後も香港の投資家が高利回りを求めて海外不動産に投資する流れが続くと予想した。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.25 NEW
仏ホテル大手アコー、25年までにフィリピンでホテル15軒新設へ

フランスのホテル運営大手Accor Hotels(アコーホテルズ)はこのほど、2025年までにフィリピンで新たに15軒のホテルを開業し、同国におけるネットワークを拡大する計画を明らかにした。 アコーホテルズは現在、フィリピンで「ラッフルズ」「フェアモント...[記事全文]

2020.02.25 NEW
シンガポールの高級ホテル「カールトン」、タイに初進出

シンガポールのCarlton Hotel(カールトン・ホテル)は21日、タイの首都バンコク中心部のスクンビット通りに、高級ホテル「Carlton Hotel Bangkok Sukhumvit(カールトン・ホテル・バンコク・スクンビット)」を正式オープンした。カールト...[記事全文]

2020.02.20
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,000戸に上方修正された。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月29日