海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.08
比不動産大手メガワールド、セブ・マクタン島にホテルを11月開業

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、セブ州のマクタン島で「サボイホテル・マクタン」を11月に開業することを発表した。同ホテルはメガワールドが手掛けるタウンシップ開発エリア「マクタン・ニュータウン」に初めて誕生するホテルとなる。

マクタン・セブ国際空港(MCIA)から車で15分の場所に位置するホテルは、18階建て・547室で構成。観光客と出張者の双方を対象としたホテルとなり、レジャー施設やビジネスセンター、会議室なども併設する。なお、宿泊料は1泊当たり3,288~5,888ペソを予定している。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。

・フィリピン不動産の魅力

・フィリピン不動産の最新物件リスト

・フィリピン不動産セミナーの開催日程


関連記事

2019.10.18 NEW
フィリピン持家促進相互基金、1~9月の新規住宅ローンは13%増

フィリピンの持家促進互基金(通称、Pag-IBIG)によると、2019年1~9月までに提供された新規住宅ローンは、前年同期比13%増の587億3,000万ペソ(約1,240億円)となった。また、融資を受けた住宅の数は、同4%増の6万5,375戸だった。 Pa...[記事全文]

2019.10.17 NEW
シンガポールのファンド、ダナンのリゾート開発に投資へ

シンガポールの投資ファンドRed Brick International(レッド・ブリック・インターナショナル)は11日、ベトナムの不動産開発会社LDGグループが手掛ける中部ダナンのリゾート開発プロジェクトに、3億5,000万ドル(約380億円)を投資することを発表した。...[記事全文]

2019.10.16 NEW
8月の在外フィリピン人送金額、4.6%増の25.8億ドル

フィリピン中央銀行によると、2019年8月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比4.6%増の25億8,900万ドル(約2,810億円)となった。 1~8月の累計でみると、送金額は前年同期比3....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月08日