海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.08
フィリピン証取委がREITの上場基準緩和へ、不動産市場の活性化に期待

フィリピン証券取引委員会(SEC)は4日、不動産投資信託(REIT)の上場基準の緩和に向けたREIT法の施行細則(IRR)の改正草案を発表した。18日までパブリックコメントを実施し、年内にも最終改正案を発布したい考え。

現地報道によると、現行では最小浮動株比率(MPO)を上場初年度に40%、3年以内に67%に引き上げることが要件となっているが、IRRの改正草案では初年度のMPOを33%に引き下げる方針だという。その他、「REITを設立する海外企業の最低資本金の引き下げ」、「REITで調達した資金を国内の不動産またはインフラ事業に再投資」、「REIT資産管理に関する実績の要件緩和」などが盛り込まれる見通し。

フィリピンでは10年前にREITが法制化されたものの、条件が厳しく上場を実施する企業はなかった。今回、規制緩和でREITの上場を促したい狙いで、REIT市場の活性化によって不動産の所有・売買が拡大し、不動産価格の上昇に繋がると期待されている。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.25 NEW
仏ホテル大手アコー、25年までにフィリピンでホテル15軒新設へ

フランスのホテル運営大手Accor Hotels(アコーホテルズ)はこのほど、2025年までにフィリピンで新たに15軒のホテルを開業し、同国におけるネットワークを拡大する計画を明らかにした。 アコーホテルズは現在、フィリピンで「ラッフルズ」「フェアモント...[記事全文]

2020.02.25 NEW
シンガポールの高級ホテル「カールトン」、タイに初進出

シンガポールのCarlton Hotel(カールトン・ホテル)は21日、タイの首都バンコク中心部のスクンビット通りに、高級ホテル「Carlton Hotel Bangkok Sukhumvit(カールトン・ホテル・バンコク・スクンビット)」を正式オープンした。カールト...[記事全文]

2020.02.20
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,000戸に上方修正された。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月08日