海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.21
マレーシア不動産大手SPセティア、大阪りんくうの複合開発を来夏着工

マレーシアの不動産開発大手SPセティアは、大阪府泉佐野市のりんくう中央公園用地で、2020年第3四半期(7~9月)にホテルやオフィスからなる複合施設の建設を開始すると明らかにした。

2018年に泉佐野市は、関西国際空港の玄関口にあたるりんくう中央公園用地(1万9,854㎡)の売却事業者の公募を開始。MICE(会議、視察、国際会議、展示会・見本市)施設やホテル、サービスアパートなどの複合施設を建設可能な事業者の応募を募った結果、SPセティアの子会社セティア・インターナショナル・ジャパンに15億5,500万円で売却されていた。

同用地は、大型商業施設「りんくう・プレミアム・アウトレット」と隣接するなど、近隣にオフィスやホテルが多く建ち並ぶエリアに位置。計画ではホテル、コンベンションホール、ショップ、飲食店、サービスアパートメントなどからなる複合型施設を建設する予定で、2025年の大阪・関西万博の開幕に向け、24年の完成を目指す考え。

SPセティア・大阪りんくう再開発のイメージ画像
大阪りんくう再開発のイメージ画像
(出所:T architect

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.10.21 NEW
20年9月の米住宅着工件数は1.9%増、一戸建てが約13年ぶり高水準

米商務省によると、2020年9月の住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比1.9%増の141万5,000戸となった。過去最低水準にある住宅ローン金利に加え、新型コロナウイルスの流行やそれに伴う在宅勤務の普及によって、より広いスペースを求めて郊外などに住居を移す人が増...[記事全文]

2020.10.20 NEW
タイの在庫住宅、20年末までに4.7兆円規模に拡大へ

タイの政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)はこのほど、国内の在庫住宅(コンドミニアム及び低層住宅)が2020年末までに31万9,000戸、総額1兆4,000億バーツ(約4兆7,300億円)相当に拡大するとの見通しを示した。 2019年4...[記事全文]

2020.10.19 NEW
タイ不動産大手サンシリ、20年1~9月のコンド引き渡し額は3.1倍に

タイの不動産開発大手サンシリによると、2020年1~9月における住宅引き渡し額は前年同期比2.2倍の347億バーツ(約1,172億円)となり、通年目標(420億バーツ)の83%に達した。引き渡し額の詳細を見ると、低層住宅が前年同期比59%増の145億バーツ、コンドミニアム...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月21日